北海道トーコー株式会社

TSKノビットアンカー

北海道内施工物件

TSKノビットアンカーは、初めてパイプアンカーを斜面直角に設置することを可能にした製品です。

弊社は平成17年(2005年)より45,000本以上の実績があり、更にTSKノビットアンカーは「引抜力」にも抵抗できる「TSKプルストップシステム」との併用により、より安定的な斜面打ちアンカーとなっています。

TSKノビットアンカー

プラスネット・ロープネット

斜里町宇登呂無線中断所

プラスネットは従来のロープネット・マイティネットの基本に、主ロープで連結されたロープ交点部に新たにアンカーを増設することで
各アンカーにかかる負担を軽減させ、条件により従来工法(ロープネット)の2倍の強度を実現した落石予防工です。

プラスネット・ロープネット
プラスネット・ロープネット

デルタワン

京極町春日地区

デルタワンは鉛直に設置した柵構造により、従来の雪崩予防柵と比較して「まきダレ(柵の上部に形成された雪庇状の雪塊)」の発生が少なく、道路側に傾斜した従来の雪崩予防柵と比べ、圧迫感や不安感を軽減できる新しい構造の雪崩予防柵です。

デルタワン

スノテップ

国道274号線-日高町日勝峠

整形法面の小段を拡幅して雪崩を予防する「スノテップ」は、効果的に雪崩の発生を抑止するだけではなく、斜面中での作業が必要な吊式雪崩予防柵などの危険性を大幅に低減させ、維持管理でも法面作業が低減されるため、機能性と安全性を両立させた雪崩予防柵です。

スノテップ

雪崩予防柵

国道37号線-虻田郡豊浦町

従来工法である「吊式雪崩予防柵」に関しましても全道、過去数十年の実績があり、施工方法を含めて様々な現地条件に対応可能です。

雪崩予防柵

覆式ロックネット

礼文町

覆式ロックネットは、不安定となっている斜面から落石が道路や民家まで到達しない様に落石を法尻まで安全に導く工法です。

弊社はワイヤロープから金網までの製品を、東京製綱グループの製品を使用し施工を行うことができますので、施工から製品まで、一貫した製品・施工管理による製品が提供可能です。

覆式ロックネット

ポケット式ロックネット

上ノ国町

ポケット式ロックネットは、不特定箇所から発生する落石を金網の上部を支柱により開口させて補足し、落石を道路や民家まで到達しない様に落石を法尻まで導く工法です。

弊社は覆式ロックネットと同じく過去数十年の実績がありますので、様々な条件に対応可能です。

ポケット式ロックネット

カーテンネット

函館市南茅部地区

カーテンネットは、落石の衝突する可能性のある沢部などを避け、支柱間隔を広げて配置し、1.0~0.5m程度に配置されたワイヤロープにより
従来のポケット式ロックネットより高い落石エネルギーを吸収できる落石防止工です。

また、カーテンネットとポケット式ロックネットを併用することで、経済的で効果的な落石予防を行うことが可能です。

カーテンネット
カーテンネット

マウントロックフェンス

函館市-立待岬函館停車場線

マウントロックフェンスは、柵を落石の発生付近に設置することにより、落石エネルギーが大きくなる前に落石を補足することが最大の特長ですが、従来の落石防護柵が設置できない場合など、高い対応性がある製品です。

マウントロックフェンス

ロープ掛工

斜里町-知床公園線

ロープ掛工は、斜面に存在する岩塊にワイヤロープを巻き上げる様に架設し、落石を未然に防ぐ工法です。

岩塊形状にもよりますが、基本的に対象となる岩塊の大きさには制限は無く、設計においてワイヤロープを必要本数架設することにより対応することができます。

また、接続されるアンカーは弊社の複数のバリエーションから現地条件に最適なアンカーを選択して行われます。

ロープ掛工